いざという時、慌てないための審査の知識

過去の借金の返済が審査に影響する

日常の中で、多くの人は借金をしないように生活をしていることでしょう。しかし、昔に比べるとクレジットカードやカードローンのサービスは金利が下がっており、使いやすくなっているので、利用者は増加傾向にあります。ネット銀行カードローンなど、コンビニATMの利用手数料が完全に無料というカードローンも登場しました。
クレジットカードやカードローンの利用者が増えている中で、延滞をして失敗をしてしまう人も増加しているようです。人生において大切な住宅ローンの審査で、過去1年間にたった1回カードローンの返済で延滞をしてしまったために、審査に落ちてしまったら大変でしょう。携帯本体の割賦払いもローンの一種なので、気をつけておく必要があります。

長期的なプランを立てておけば、いざという時に慌てないですむ

住宅ローンや自動車ローンの場合、何年後くらいに審査に申し込みをすることになるのか、おおよその予測はできます。自動車を5年サイクルで買い替える人なら、5年ごとに自動車ローンの審査に申し込みをすることになるので、事前に準備をしておくことが大切です。
普段からクレジットカードなどの支払いで延滞をしないように気をつけることはもちろんですが、カードローンで借りすぎないようにすることも重要です。年収に対して借りすぎている人は、お金にだらしない人というイメージを持たれてしまうこともあります。
自営業をやっている人は、年収をある程度は調整することができますが、400万円、450万円、500万円というように、年々収入が増えているように見せかけることで、ローン審査で有利になるようです。住宅ローンに申し込みをする前の年は、あえて税金対策をしないというのも1つの手です。