知っておくと安心!カードローンの借り入れ診断

カードローンの借り入れ診断はスコアリングにより行われている

カードローンの申し込み先を探す時に、借り入れ診断または簡易審査が導入されているカードローンを見つけることがあります。本審査と何が違うのか不思議に思いながら、利用している人が少なくありません。個人情報の入力を必要としない借り入れ診断は、職業・他社借入先件数・借入金額といった項目を点数化したスコアリングにより診断が行われています。
カードローン商品には、個別に募集対象となる信用度が異なっているので、本申込に進んで欲しいと貸金業者側で考えている申込者のみ手続きを続けられるように絞り込みが必要です。本審査には手間がかかるので、最初から審査対象とならない人の申し込みを抑制する効果を狙っています。カードローンの申し込みを検討する時に、借り入れ診断を利用すれば、無駄な審査落ちを減らせるでしょう。

本審査に進むまでは信用情報照会は行われない

カードローンの申し込み審査を行なった履歴は、個人信用情報機関へ随時登録されるので、短期間に多数の申し込みを行なうと申し込みブラックと言われる状態に陥ります。しかし、カードローンの借り入れ診断を行なう段階では、個人情報を入力しておらず、信用情報照会が行われていないので結果に関わらず信用情報に影響を与えません。
本審査に進んだ段階で、個人信用情報機関へ信用情報照会を行なうことになるので、申し込み履歴が信用情報として登録されます。成約をすれば、契約情報が書き込まれるので次に申し込みを行ったカードローン審査では、他社申込み履歴を確認した上で審査を行えるので、連続した審査落ちも確認しやすくなるわけです。信用情報に影響を与えずにカードローン申し込み診断を利用出来るので、本申込先を検討する判断材料とすると良いでしょう。